お墓のQ&A

お墓のQ&A

永代供養墓や墓地選びのポイント、ご納骨・分骨についてなど、過去にいただいたご質問にお答えしています。

Qをクリック

Q1.永代供養墓とは どのようなお墓ですか?

永代供養墓とは「お墓(納骨所)・永代供養・永代管理」の3つを備えたお墓

承継者のない方も安心して建てていただけるお墓

永代供養墓の特徴は、通常のお墓と違い無縁墓地になったり墓石が撤去される心配がありません。

墓地により永代供養(墓石の維持管理)の期間は様々ですが、一般的なお墓のように墓地の承継者が無い事を理由に墓石が撤去される事はありません。

永代管理の仕組み

長期間お墓を維持していく必要があるため、永代供養墓のほとんどが、永代管理(永代管理料)を取り入れています。

永代管理料とは、通常でしたら毎年納める墓地管理料を、墓地使用の申請時に先々に必要であろう費用を、まとめて一括納付する管理料の事をいいます。

通常のお墓の場合、墓地の承継(名義変更)が途絶え管理料が未納になりますと、墓地の使用規定によっては墓石が撤去されてしまいます。

永代管理料を納めますと、管理料の未納を防げますので、墓地使用者とお約束した永代管理期間中に墓石を撤去される事はありません。

永代供養について

墓地を管理する寺院様(など)により、ご供養の時期や作法は様々です。

墓地使用の申請時に、墓地管理者にご確認ください。

生前確保に適したお墓

墓地承継者が居られない方の場合は、往々にして生前ご自身達のお墓を検討する必要が生じてまいります。

後々にお墓の維持費用の徴収が行われない永代管理のお墓では、早く申込みをしても余分にお墓の維持費用を支払うデメリットについては、ほとんどの場合はありません。

少子化の時代にに対応したお墓

少子化が続きますと暫くは一人っ子同士の結婚が増えていくと予測されます。

この事を今までの習慣で考えた場合、一軒のお宅で双方の実家のお仏壇やお墓をお祀りしていく事になります。

永代供養墓の場合は、後々維持費用の支払いがありませんので、お子様達の金銭的な負担も軽減します。

Q2.墓地選びのポイントは?

墓地選びのポイントは?

価格・費用

お墓の価格には、主に「墓地永代使用料」・「墓地管理料」・「墓石工事代金」の3つがあげられます。

墓地永代使用料とは、いわゆる墓地代金と違い、一般的には「代の続く限り墓地をお墓として使用していただく」ための費用です。

墓地管理料とは、墓地内(霊園内)の皆様が共有して利用される施設の維持管理に必要な費用として徴収されるものをいいます。

各家の墓地内の清掃費と思われている方もおられるようですが、それぞれのお墓は各自で掃除していただきます。

石の産地・種類(銘柄)や大きさ・形により、墓石工事代金は大きく異なります。

もしも、ご心配の場合は、墓地永代使用料や墓地管理料をお支払になる前に、墓石費用の見積もりを依頼されると良いでしょう。

お墓が完成した後に、開眼法要やご納骨の読経を寺院様などに依頼された場合には御布施をお渡しします。

また、墓地によっては、ご納骨時に霊園職員や石材店にお手伝いをしていただきますが、その際に立会料などの経費が必要な場合もございます。

交通の便

便利な場所にお墓があるに越したことはございませんが、市街地の場合には不便な場所に比べて墓地永代使用料が高くなってしまいがちです。

霊園によっては、最寄駅より無料墓参送迎バスを運行しているところもございます。

高齢になり車の運転に支障がでてしまうと、公共の交通機関や送迎バスを利用する機会が増してしまいます。

見学している時に、ご高齢のお墓参りの方を沢山見かけるようでしたら、お参りしやすい墓地と云えるでしょう。

墓地の環境

墓地をご見学の際には、周りの景観や墓地の陽当たり以外にも、園内の清掃状態や水ハケ(水たまり)などが気になります。

また、既に建っているお墓の傾きについては、十分に注意を払ってください。

付近のお墓が同じような方向に傾いている列では、地盤が沈んでいるかも知れません。

そのような場所がありましたら、その付近は避けた方が賢明です。

Q3.郷里のお墓に分骨して欲しいと言われましたが?

分骨について

より多くの方々に、ご供養を行っていただけますように、古くから分骨という風習がございます。

遺言により希望の地へ分骨したり、信仰する宗教施設で、ねんごろにご供養いただけるようにお願いするなど、分骨する理由は様々です。

遺族の気持ちが第一

「主人が亡くなりましたが、郷里の親戚より先祖代々のお墓に遺骨の一部を分骨して欲しいという申し出があったのですが・・・」というご相談がございました。

ご相談いただいた方は、少子化で郷里のお墓の今後に不安を感じ、分骨する事にはあまり気がすすまない印象でした。

結論から申し上げますと、このような問題はご当人同士で話し合わなければ解決いたしません。

あえて一言申し上げますと、本来の分骨とは、こちらから先方へ(遺族が分骨する先へ)お願いするものだったはずです。

ご親戚を含む周囲の方々が、遺族へ強要するような主旨の風習ではありません。

遺族の気持ちを最優先していただければと願うばかりです。

 

Q4.骨壺での埋葬を考えていますが?

 

地域により異なる埋葬の作法

関西地域の多くは、骨壺から出したご遺骨を、お墓へ埋葬される事が一般的です。

ただ、地域によっては骨壺のまま埋葬する場合もございます。

これらは地域性という事ですので、どちらが正しいとか間違えているというような事ではございません。

作法により異なる墓石の構造

骨壺で埋葬する地域と、ご遺骨を布製の納骨袋などに移し替えてから埋葬する地域では、墓石の構造が大きく分けて2か所異なります。

そのうちの一つは、納骨棺(ご遺骨が収まる部屋:カロートと呼ばれています)の中の広さです。

骨壺で埋葬することが一般的な地域では、納骨棺を地下深く造る場合や、まず地上に部屋(出カロート式)を作ってから、その上に墓石を積み上げる場合などがあります。

納骨袋に移し替えてから埋葬する地域のカロートの広さは、大まかな寸法ですが約40cm四方くらいで深さは24cm未満の部屋になります。(以下、関西での一般的なカロートと表記)

関西での一般的なカロートは、ずいぶん狭く感じると思いますが、先に埋葬されたご遺骨から順に土へと還りますので、余程の事がない限りご遺骨で満室になることはありません。

骨壺での埋葬の場合は適したカロートをお選びください

地下深くに大きなカロートを造る場合は、どうしても「水が溜まりやすい」という課題があり、墓地を確保される際には余裕をもった敷地面積の確保が必要です。

出カロート式のお墓の場合は、地上の造るカロートを高く造る程に、墓石全体の高さも高くなります。

お墓参りの際の墓石のお掃除を考え、墓石をご注文の際には適度な高さをおすすめいたします。

もう一つの異なる点は、埋葬される際の入り口の大きさです。

骨壺大きさ事態も様々ですが、骨壺が通過できる入り口の大きさを確保する必要があります。

出カロート式の場合は、構造的に側壁の一部に、大きめの石製の扉を着けることが容易という長所があります。

埋葬の作法によりお墓の構造が異なりますので、骨壺のまま埋葬をご希望のお客様は事前に石材店にお伝えください。

Q5.納骨する時期に決まりはありますか?

ご納骨の時期についてはご無理のないご計画を

お墓に埋葬される時期についての、必ず守らなければならない決まりはありません。

「四十九日の忌明け後でしたら、心の整理がつかれました時に納骨してあげてはいかがですか」と、お坊様が仰っている場面をよくお見掛けします。

地域によっては、習わしがある場合もあるようですが、時期につきましては、ご無理のない範囲でご検討される事をおすすめします。

墓石の施工期間も考慮

これからお墓の準備をお考えの方は、墓地選びや墓石の注文など一定の期間が必要になります。

墓地が決まりましたら、石材店に墓石の依頼をされる際に完成日をご確認いただきます。

雪などの天候の影響を受ける季節には多少余裕をもったご計画をお願いします。

寺院様によるご納骨をお考えの方は、墓石の完成に目途がつきましたら、寺院様と打ち合わせや日時の予約をお願いします。

 

Q6.ペットも一緒のお墓に入れますか?

各霊園や墓地の規約で制限されている場合がございます

「ペットも一緒のお墓にはいれますか?」というご相談をいただきました。

ペットの遺骨を制限する法律はございません。

しかし、各霊園や墓地では「使用規程」などの規約でペットの遺骨について制限を設けている場合が多くあります。

既にお墓のある方は、再度「使用規程」などの規約をご確認いただくか、墓地管理者へお問い合わせください。

これからお墓の確保をご検討の方は、ご希望の墓地の使用規程をよくご確認ください。

ペットも一緒に埋葬可能な新しいお墓『ウイズペット墓地』

兵庫県神戸市北区にある「神戸山田霊苑」では、ペットも埋葬していただける新しい形態の墓所「ウイズペット墓地」の募集をしています。

各自の墓地の中に、ペット専用納骨棺とご家族用納骨棺の2か所の納骨棺を設け、一か所の墓所でペットのご供養も可能にしたお墓です。

Q7.合祀墓とは どのようなお墓ですか?

納骨堂と呼ばれていた合祀墓

「永代供養を検討していますが、時々合祀墓という文字を見かけます。合祀墓とはどのようなお墓ですか?」というご質問をいただきました。

合い祀る(あいまつる)お墓と書きますが、一つの大きな納骨棺を持つ墓所に、ご希望の方を一緒に埋葬するお墓の事をいいます。

本来は、屋外に建つお墓を「合祀墓」と呼び、屋内に合同で埋葬する「納骨堂」とは区別されるものですが、つい最近まで「合祀墓」という呼び方が認知されていませんでしたので、屋内・屋外を問わず納骨堂と呼ばれている場合もございました。

昨今では、「永代供養墓」の普及や人気に伴い、「合祀墓」という名前も徐々に認知されてきたように思います。

合祀墓の特徴

一般的な「合祀墓」は、墓地管理者が維持管理するお墓です。

この場合、維持管理料は不要の場合が多く、災害などでお墓が損傷した場合でも墓地管理者が修理を続けて維持していきます。

一か所の納骨棺に埋葬しますので、もしも将来にご遺骨の返還をご希望されても叶わない場合が大半です。

墓地によっては、合祀墓にご納骨された方を対象に、年に一度の合同供養法要(総回向法要)などを行っている所もございます。

Q8.生前にお墓を確保するメリットとデメリットは?

お墓の生前確保についてのアレコレ

生前にお墓を建てるという事をインターネットで調べますと、必ず出てきますのが寿陵(じゅりょう)についての説明です。

「中国の故事に習い、生前にお墓を建てる事を寿陵と呼び、昔から健康で長生きするといわれてきました。」というような内容に類似した説明に出くわします。

「このような事が言われているのだから、きっと自分も健康で長生きするに違いない!」と思ってお墓を確保される方もおられるかも知れません。

ただ、筆者と接した方々は、長生きを願ってお墓を確保されておられないようでした。

お墓の生前確保のメリットやデメリットと思われるお客様の声を、いくつか紹介させていただきます

「主人が元気なうちにお墓を決めておいてくれていたら悩まなくて済んだのに・・・、なんだか憂鬱で・・・。」という奥様の声をお聞きしました。

お話をお聞きしますと、ご自宅から近い場所に亡くなられたご主人様のお墓を建てたいというご希望でした。

ご主人様のご兄弟は、(かなり遠方の)郷里の墓地に墓石を建てる事を強くすすめておられるそうです。

しかし、ご自身は嫁という立場ですので、どうしても亡くなられたご主人様のご親戚の意見を無視できません。

「嫁という立場であまり強い事も言えませんし・・・、どうしたもんでしょうか?」と、ご相談をいただきました。

後々に、色々な意見を仰られそうなご親戚が多いご家庭では、ご主人様がお元気な時にお墓を決めておかれますと、奥様の精神的な疲労は軽減されると思われます。

「場所が空いているうちに、お墓を買っておいて良かった」という声をお聞きしました。

インターネットで霊園や墓地の情報を容易に検索できる時代になりました。

最近の傾向としましては、便利な場所にあったり良い条件の墓地は、割と早いペースで沢山のお申し込みがあるようです。

ご自身が良さそうな墓地だと思う所は、その他の方々も同様の事を思われています。

以前は、お墓の広告といえば新聞チラシが主力で、墓地近隣の方だけが情報を得る事ができました。

最近は、大半の霊園はホームページがございますので、どなたでも霊園の情報を得る事ができます。

このような事から、人気のある霊園の場合では、「またそのうち・・・」と言ってる間に空いている場所がなくなってしまう事があります。

「あの時は良いと思って墓地を確保したけど、息子が遠いから嫌やと言ってる・・・」という声をお聞きしました。

息子さんが遠方に引っ越しをされた為に、お墓までの距離がかなり遠くなり、お墓の移転をお考えのようです。

墓地を霊園に返還する場合の多くは、無償による返還になってしまいます。

このような事から、生前に墓地を確保される場合にはリスクもございますので、慎重にご検討ください。

 

本項ではQ&A形式にとらわれず、アレコレ書かせていただきましたが、ご参考いただければ幸いです。

関西霊園情報局

管理人の経験談より

地域で絞り込む

京都府
大阪府
兵庫県
その他