お墓の基礎知識

お墓の基礎知識

これからお墓を建てようとご検討の方は、墓地を選んで、石材店に墓石を注文して・・・と、手順を踏んで進めていかなければなりません。本項では、墓地選びのポイント・墓地の種類・墓地の面積や墓石の大きさにしぼり、誠に簡略ではございますが解説させていただこうと思います。

墓地選びのポイント

墓地選びのポイントは、価格「永代使用料(墓地使用料)・管理料(墓地の維持費)・墓石工事費用」や交通の便・環境(日当たり・景色・園内管理・墓地内の水はけ・墓地管理団体)」に大別できます。

見学している時に、お墓参りの方を沢山見かけるようでしたら、お参りしやすい霊園といえるでしょう。

墓地の種類・特徴 (墓地運営・管理者別)

公営墓地(自治体)

公営墓地や自治体が管理する墓地では、主にその地域にお住いの方を対象に使用者の募集を行っています。(制約のない所もあります)

石材店を自由に選べる霊園が多く、この場合は価格やサービス等で一番気に入った石材店に建墓工事を依頼できるという利点があります。

寺院境内墓地(宗教法人)

多くは街中など交通至便な場所にあります。寺院境内墓地の一番の利点は、法要を円滑に行いやすい事です。

仏事の相談などを親身になって対応していただけると思います。

民間公園墓地(財団法人・宗教法人・社団法人)

霊園が選りすぐった指定石材店が、建墓から納骨の相談まで丁寧にアドバイスしてくれるので安心です。

また、無料墓参送迎バスの運行や園内設備の充実など民間ならではのサービスを行っている所もあります。

自治会共同墓地(自治会・町内会)

自宅近くのお参りに便利な場所にある墓地が多いですが、空き区画が少ない墓地が多いようです。

自己所有地墓地

墓埋法施行以前より代々受け継がれた私有地墓地。

墓地の面積と墓石の大きさ

最近では墓地の寸法をメートル法で表示している所が増えましたが、墓石の寸法には、よく尺貫法が用いられます。

竿石(墓石の一番上部の石)の横幅の寸法が墓石の大きさの基準になります。

この事から和型墓石の場合は「8寸墓石」や「8号墓石」と呼ばれ、洋型墓石の場合は「洋型20号」などと表記されます。

墓石の下には、納骨棺がありお墓の一部を開けると、外部より納骨できる仕組みになっています。

時々「お骨が沢山あるので、大きなお墓を建てようと思う」とおっしゃる方がおられます。

関西の場合、一般的な大きさのお墓の場合では墓石の大きさに関係なく納骨棺の大きさは同じです。

ご遺骨が沢山入るようにと考え、納骨棺を必要以上に深くしたり大きくしたりしますと、納骨棺の内部に水が溜まりやすくなったり、墓石の傾きの原因になることも考えられますのでご注意ください。

区画の中に墓石を1基建立する場合では、1~2聖地墓地の場合は8寸墓石がバランスよく、3~6聖地墓地の場合には9寸墓石、それ以上の広い墓地の場合には1尺や1尺以上の墓石にすることで墓地全体のバランスがよくなります。

墓石寸法の基礎知識

地域で絞り込む

京都府
大阪府
兵庫県
その他